お知らせ

北陸支部からのお知らせ情報アーカイブ

各画像をクリックして記事をお楽しみください。


■《長野》AH! vol.82(夏号):学生による省エネアイディアコンペ
高村 秀紀/信州大学工学部建築学科 教授


■《富山》AH! vol.82(夏号):富山県消防学校の施設を利用した火災避難行動の研究活動
秋月 有紀/ 富山大学 学術研究部 教育学系 教授


■《新潟》AH! vol.82(夏号):佐渡市小木町伝統的建造物群保存対策調査報告書について
坂下 肇/佐渡市観光振興部世界遺産推進課文化財室文化財保護係


■《石川》AH! vol.82(夏号):金沢建築館企画展「木で創る」について。
河原 清/百万石能の会代表・能楽小鼓幸流職分


■《福井》AH! vol.82(夏号):『福井の建築を語ろうトークツアー』の取り組み
森川 徹志/芸術専門楽群


2023年度北陸支部大会/公開行事プログラムについて、
基調講演会ですが、「2023年5月5日石川県能登地方の地震の災害調査速報会」へ変更となりました。
なお、詳細につきましては支部大会ページをご参照ください。

5月5日に発生した石川県能登地方を震源とする地震により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


2023年度日本建築学会北陸支部奨励研究候補を募集いたします。
日本建築学会北陸支部は、建築に関する学術・技術・芸術の研究に対して助成することにより、今後の発展を期待できる研究者・技術者を育成することを目的とし尽力する所存でございます。
応募締切は、2023年7月26日(水)までとなります。
なお、詳細につきましては奨励研究ページをご参照ください。


各画像をクリックして記事をお楽しみください。


■《長野》AH! vol.81(春号):碌山館のリニューアルについて
銭谷 脩/信州大学大学院総合理工学研究科工学専攻修士課程(羽藤研究室)修了


■《富山》AH! vol.81(春号):地域に根ざした大工実践教育の最近の取り組み
大丸 英博/ 職藝学院 教授


■《新潟》AH! vol.81(春号):「まちにひらく」を手探りで
佐藤 謙太郎/新潟県教育庁財務課 主任(しばたまち守の会)


■《石川》AH! vol.81(春号):金沢建築館企画展「木で創る」について。
山崎 幹泰/金沢工業大学建築学部建築学科 教授


■《石川》AH! vol.81(春号):ショップ&カフェnimbus._福井県勝山市における磯崎新設計住宅の店舗への設計改修について
清水 俊貴/福井工業大学建築土木工学科准教授
山田 寛/一級建築士事務所 LoHA 


■日時 2022年7月8日(土)、9日(日)
≪1日目≫会場:金沢工業大学扇が丘キャンパス(オンライン併用)
≪2日目≫会場:金沢工業大学扇が丘キャンパス(オンライン併用)
※スケジュール及び2日目の研究発表会・論文等募集については支部大会頁をご覧ください。


各画像をクリックして記事をお楽しみください。


■《新潟》AH! vol.80(冬号):燕市吉田地区の空き家再生の取り組み
相馬 建/燕市役所都市整備部都市計画課 主任


■《富山》AH! vol.80(冬号):SCOP TOYAMAについて
仲 俊治/株式会社仲建築設計スタジオ 代表取締役


■《石川》AH! vol.80(冬号):国指定重要文化財となった奥能登の中谷家住宅
平山 育男/長岡造形大学造形学部建築・環境デザイン学科 教授


■《福井》AH! vol.80(冬号):建築はまちにどう関われるか。
三浦 紋人(みうらもんど)/横町編集部 代表